店舗紹介

  • ブログ
  • フェイスブック

真珠の基礎知識① ~ 真珠の品質と選び方 ~

本物パールを楽しむための、真珠の基礎知識①、真珠の品質と選び方

真珠貝の体内で育まれる真珠。
貝殻を作るのと同じ真珠層の分泌により、真珠層が幾重にも重なってできたものが真珠です。
今回は、真珠の品質と選び方について紹介します。

真珠の品質を決める6つの要素

1 巻き

真珠の巻きとは、真珠層の厚みのことです。
巻きは、真珠の養殖期間や水温、母貝の分泌量の多少により変わります。
真珠層の一層は0.35ミクロン程度で、1mmの約3,000分の1。これが何千層も重なり合って真珠が出来ています。
真珠層の厚みがあり、均一であることが評価の対象になります。

2 テリ

テリとは、真珠の光沢のことです。
真珠は水温や塩分濃度に大変敏感で、その年の環境により真珠層が変化します。
真珠層が均一でキメが揃っていると、良いテリができます。

3 色

真珠の色は、真珠層に含まれている色素と、光による干渉色が組み合わさって出来ています。
干渉色とは、1ミクロン以下の薄い層がお互い光の干渉を起こして、不思議なニュアンスを醸し出すものです。真珠特有で、神秘的な色合いです。

真珠層に含まれている色素と、光による干渉色が組み合わさって醸し出される真珠特優の神秘的な色合い

4 形

真珠は母貝の中で生まれるため、真円に近いほど価値が高いのが一般的です。
一方で、歪んだ真珠が面白いという考え方もあります。歪んだ真珠をポルトガル語で「バロック」と言いますが、17世紀の美術様式をバロック様式と呼ぶのも、歪んだ真珠が語源になっています。
世界に一つの形のバロック真珠を楽しむのも、大人の楽しみ方ではないでしょうか。

真珠のオーバルとラウンド

5 サイズ

サイズが大きければ大きいほど、品質が良いわけではありません。しかし価格決定の際の重要な要素になります。
アコヤ真珠なら、6~9mm程度、白蝶真珠や黒蝶真珠なら9~14mm程度が多いです。
また、養殖真珠においては、養殖期間が1年以内のものを当年物、1年以上養殖したものを越物(こしもの)と呼びます。越物のように養殖期間が長くなると、巻きが厚くなり、サイズも大きくなる傾向があります。

6 キズ

キズとは、養殖の際に自然にできる突起やくぼみのことです。全くキズがないということはほとんどなく、キズがあるからといって品質が悪いわけではありません。
しかし、キズが少ない・目立たないものは、価値が上がります。

花珠とは最高級のもの?

もともとは、巻き・テリ・色・形が良く、キズが少ないものを指します。
しかし、明確な基準があるわけではないので、店舗によっては様々なものを取り扱っています。

真珠の選び方

真珠ジュエリーのカジュアル&エレガントファッション

サイズと色はお客様に合ったものを

実際に真珠ジュエリーのコーディネートを考えると、真珠のサイズが1mm違うだけで、印象が大きく変わります。
例えば、ネックレスの場合は、7mm位の小さなパールのネックレスが似合う方もいれば、11m位の大きなパールのネックレスを好む方もいます。また、ネックレスは長さによっても異なってきます。
実際に着けて、お顔の映え方を見ながら選ぶことをお勧めします。

テリにはこだわって

当店では、本物の真珠だけがもつ「テリ」にこだわり、ラインナップを取りそろえています。
テリの良い真珠は、それ自体が美しいだけでなく、着けた人を美しく魅せる効果やオーラもあります。

貴女にピッタリの真珠は?

ご自身にピッタリの真珠と出遭うためには、様々な本物の真珠と出遭うことが一番の早道です。
ご興味のある方は、店頭で試着してみてくださいね。

真珠の商品ページへ

ジュエリーのリフォーム・修理フェア詳細へ

PAGE TOP